葬儀場

近しい人のみで執り行う川崎の葬儀

合掌

川崎でも増えてきているのが、家族や親族など近しい人のみで行う家族葬です。家族葬といってもその規模は様々で、家族のみで行うコンパクトな葬儀から、親族や親しい人を呼ぶことができる20人から30人規模の葬儀まで自由に選べるようになっています。川崎での葬儀にかかる費用を抑えたい時は勿論、ゆっくり故人とお別れをしたい時などは、落ち着いてお通夜や葬儀の時間を過ごせる家族葬という形を選んでおくと良いでしょう。

ただ、家族葬という形を選び、近親者のみに連絡をした場合でも、想定外の参加者が多く集まってしまうこともあるのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。しかし、家族葬というのは親族であれば3親等以内、親族以外であれば故人が生前親しかった人のみと限られた人のみで行う葬儀です。そのため、条件に当てはまらない人、そして呼ばれていない人が参列をするのはマナー違反となります。想定外の人が参列者を希望した場合は「今回は家族葬なので」と伝えるだけで、問題なく参列を断ることができます。そのため、川崎で葬儀を行う時に、親しい人とゆっくり別れの時間を過ごしたいと考えるのであれば、限られた人のみで過ごせる家族葬を考えてみるとい良いでしょう。

川崎で葬儀を行う時に一般葬を行うメリットは

川崎でも主流となってきている葬儀が、近しい人のみで行う家族葬ですが、呼びたい人が多い場合は一般葬を選んでおくことがおすすめです。一般葬は、費用が高いだけでなく、受付や香典の管理、香典返しの手配など何かと手間がかかり大変と考える人もいるでしょう。確かに、お通夜やお葬式の時間は、参列者の対応などに追われ、ゆっくり故人とお別れができない状態になってしまうことは少なくありません。しかし、家族や親族だけでなく、故人が生前お世話になった人や親しかった人など多くの人と一度にお別れができるというメリットがあります。

川崎で家族葬など、近しい人のみの葬儀を選んだ場合、火葬まで全て終わった後に、故人が生前お世話になった人が個別に家を訪問し、お別れに来るという状態になることは少なくありません。この場合、葬儀が終わったのに、なかなか日常生活に戻れない状態となってしまいます。そんな状態を避けたい、一日でも早く日常生活に戻りたいという場合も、一般葬という形を選んでおくと良いでしょう。一般葬はとても高いというイメージがありますが、費用は選ぶ葬儀社によっても異なります。川崎で一般葬をあげる前には、業者の比較検討から始めておくことがおすすめです。

川崎の葬儀は会葬礼状まで手配してくれる業者を選ぼう

川崎で葬儀を執り行う際に、用意しておかなければいけない物の一つが、会葬礼状です。葬儀に参列をしてくれた人に渡す令状だけでなく、四十九日の法要が終わった後にも送付をする会葬礼状が必要です。こうした会葬礼状が必要となるのは、多くの人が参列をする一般葬のみで、小規模な葬儀では必要ないと考える人もいるでしょう。しかし、葬儀の規模に関わらず会葬礼状は必要となるため、川崎で葬儀を執り行う際にはその手配まで考えておく必要があります。

そんな会葬礼状を忘れずに準備をしたい、四十九日後に送る会葬礼状の手配を手軽に済ませたいという場合は、会葬礼状の準備や手配まで全て含まれた川崎の葬儀社を選んでおくことがおすすめです。川崎で葬儀社を選ぶ時には、葬儀の規模や費用だけでなく、プランの詳細までしっかりと確認しておくと良いでしょう。お通夜や葬儀の当日は勿論、葬儀後も様々な手配や片づけなどに追われ、会葬礼状の準備などを忘れてしまうことは少なくありません。そんな人でも、会葬礼状の手配などのサポートを任せることができる葬儀社を選んでおけば、四十九日の法要の日も落ち着いて迎えることができるでしょう。そのため、葬儀社を選ぶ時には、葬儀内容以外に利用可能なサポートの詳細まで目を通しておいて損がありません。

喪服の男女

川崎で葬儀を執り行う際に必要となる費用

予算内で葬儀をあげるためには、総額を意識しておくことが大切です。川崎でお葬式をあげる時、安い料金を売りにしている葬儀業者を選んでおけば、手頃な価格でお通夜やお葬式をすることができると考える人もい…

read more
並んだろうそく

川崎で葬儀の予約をするタイミングは

川崎でも増えてきているのが、生前予約ができる葬儀社です。生きている間に葬儀に関する相談を行い、予約しておくことで故人の希望に沿った葬儀を行うことができます。そんな生前予約は、遺された家族に金銭的…

read more
通夜振る舞い

川崎の葬儀でも主流となっている家族葬の特徴は

川崎でも増えてきている葬儀スタイルが、家族や親族など近しい人のみで行う家族葬です。家族葬の特徴は、一般葬と比べて安く葬儀を行えること、さらに参列者の調整ができることです。誰でも参…

read more
提灯

川崎で葬儀をあげる前には六曜の確認を

川崎で葬儀を行う前に、確認をしておいて損がないのが六曜です。六曜の一つ、友引には「凶事には凶の日」という意味があり、この日に葬儀を行えば親しい人も連れていかれるという考え方があります。そのため、…

read more